カテゴリ: その他

エポック ウォーゲーム エレクトロニクス
11 決戦壇の浦

概要
一般的には源平合戦でおなじみ、1180-1185年治承寿永の乱の最後となった壇の浦の戦いがモチーフです。史実では平家側が破れ、天皇も三種の神器も入水し、平家滅亡という結果になっています。5ターン以内に安徳天皇の潰滅か西端を2コマ突破できれば源氏勝利、平家はそれを阻止します。


得点
源氏ーー地点突破、敵コマ、自コマ残
平家ーー敵コマ


面白ポイント モチーフにつきますねw
(歌舞伎や芝居にはありますが)昔すぎてコンテンツになりづらい源平の海戦を体験できてしまうという、シリーズ中もっとも異色作といえます。
システム的には、ターンごとに変わる潮流で移動できるマス目が大きく変わったり、戦闘は弓での射撃戦(命中するとコマのパラメ半減)&白兵戦のセットだったり、おなじみチート(ZOC無視)の義経がいたりと盛りだくさん。
でもでもそれより、平家側はコマ数劣勢なのですが、安徳天皇(6歳)コマがある!!この官軍感、公感は何ものにも変えられません。「波の下にも都がございまするぞ」などという事態にならないようにしたいものです。


パッケージ
FullSizeRender


裏面
FullSizeRender


ボード
FullSizeRender


コマ表
FullSizeRender


コマ裏
FullSizeRender


マニュアル表面
FullSizeRender


マニュアル裏面
FullSizeRender


プレイ記登録


コメントはEWE00まで
END


エポック ウォーゲーム エレクトロニクス
01 日本海大海戦

概要
皇国の興廃この一戦にありで有名な、1905年日露戦争での日本海海戦がテーマです。5ターン以内にロシア側バルチック艦隊は右端の脱出ラインへ、日本側連合艦隊はより多くの敵艦を潰滅させると勝利します。


得点
ロシア軍ーー地点突破、敵コマ
日本軍ーー敵コマ、自コマ残


面白ポイント  陣形クリエイト
ルール自体は誠にベーシックで、地形はほぼ関与せずコマの移動と攻防能力だけでプレイします。攻撃を受けると半壊し、パラメダウンの損害艦になる(一発沈没もあります)というのがちょい特殊なだけです。
第二次大戦前の艦隊戦なので航空機という要素がありません。戦艦と巡洋艦と駆逐艦、水雷艇で戦います。違いをwebで調べてみたところ、、大砲で戦いメインとサブの役割をしたのが戦艦と巡洋艦。魚雷が発明されそれをぶっ放すのが高速な水雷艇、水雷艇(のちの潜水艦)を潰す役割が駆逐艦(魚雷もうつ)なのだそうです。異なる得点条件を考慮し、沈没させるために効率よく各役割艦で陣をひく、どんな形になるか、、、という遊びです。

パッケージ
FullSizeRender


裏面
FullSizeRender


ボード
FullSizeRender


コマ表
FullSizeRender


コマ裏
FullSizeRender


マニュアル表
FullSizeRender


マニュアル裏
FullSizeRender


プレイ記登録


コメントはEWE00まで
END

↑このページのトップヘ