2018年05月

エポック ウォーゲーム エレクトロニクス
01 日本海大海戦

個人プレイ

FullSizeRender


FullSizeRender


FullSizeRender


FullSizeRender


4ターン終了(写真撮影忘れ)
露軍高速駆逐艦に損害を与えることができず、巡洋艦春日、磐手を失い、突破区域への爆走を許す結果になった日本軍。露軍残艦艇の潰滅を目指す。


FullSizeRender


結果
◎ロシア軍30 vs 日本軍18x
ロシア2艦突破が大きかった


トピックス
・支配領域(ZOC)がないので移動力の範囲で敵艦の
    隙間をゴリゴリすり抜け可能。守るなら壁必要
・損害艦に損害を与えても沈没せず。状況変わらず。
・攻撃3 防御6(半分の攻撃力)の場合は損害受ける。   
    攻撃2 防御5(半分より小さい)の場合は損害なし。
・損害艦は移動力落ちる。すり抜け戦術時注意
・日本だけ残存艦も得点、犬死ダメ。潰滅戦術時注意


コメントはEWE00まで
END



エポック ウォーゲーム エレクトロニクス
02 バルジ大作戦

個人プレイ

FullSizeRender


FullSizeRender


FullSizeRender


FullSizeRender


FullSizeRender


FullSizeRender

結果
x 連合軍  vs  ドイツ軍 ◯
5ターン開始直後3コマ突破


トピックス
・2倍戦術だと返り討ち被害ほぼなし
・2倍に達さない攻撃共闘での最大の悲劇は返討ち。
    参加コマ全てが同時に返り討ちにあう。要注意
・守備都市は強い。相当強い
・北方の連合出撃エリア付近をドイツにおさえられ
    ると、援軍補充時にかなり困る
・無駄な分散守備兵力は前線へ送る方がよさそう


おまけ
マップ中央北
リージュじゃなくってリエージュですねorz


コメントはEWE00まで
END


エポック ウォーゲーム エレクトロニクス
12 ロンメル戦車軍団

概要
第二次大戦での北アフリカ戦線、クルセイダー(十字軍)作戦がテーマです。よく知らなかったので調べると、、枢軸国側イタリアがアフリカ侵攻するも兵器が貧弱で維持できず、同盟ドイツが出兵。砂漠の狐ロンメル司令官率いるドイツと、オーキンレック新総司令官率いるイギリス主体の連合軍が、軍港トブルク争奪を行なった戦いです。枢軸軍(ドイツ)、連合軍(イギリス) とも、敵の潰滅が目的で、5ターン終了時に得点の多い方が勝利します。


得点
ドイツ軍ーー港占領、要塞占領、敵コマ
イギリス軍ーー港占領、要塞占領、敵コマ


面白ポイント 裏向き配置
マニュアルに小さく載っているので、大変見落としがち、かつ、超重要なルールが、「初期配置は全部裏にして設置。戦闘するまで敵コマの正体はわからない」というもの。なにせパッケージ裏面の配置例写真(下部画像をご覧ください)が全部表向きなので、当時誤解していた方も多いと思われますw。ぶっちゃけ軍人将棋的なんですが、両司令官の腹の読み合いが表現されていて、なかなかにスリリングです。砂漠の狐になりきれるか、はたまた史実通りオーキンレックがトブルクを死守するか、熱い戦術戦の幕開けです。


パッケージ
FullSizeRender


裏面
FullSizeRender


ボード
FullSizeRender


コマ表のみ
FullSizeRender


マニュアル表面
FullSizeRender


マニュアル裏面
FullSizeRender


プレイ記登録


コメントはEWE00まで
END

エポック ウォーゲーム エレクトロニクス
11 決戦壇の浦

概要
一般的には源平合戦でおなじみ、1180-1185年治承寿永の乱の最後となった壇の浦の戦いがモチーフです。史実では平家側が破れ、天皇も三種の神器も入水し、平家滅亡という結果になっています。5ターン以内に安徳天皇の潰滅か西端を2コマ突破できれば源氏勝利、平家はそれを阻止します。


得点
源氏ーー地点突破、敵コマ、自コマ残
平家ーー敵コマ


面白ポイント モチーフにつきますねw
(歌舞伎や芝居にはありますが)昔すぎてコンテンツになりづらい源平の海戦を体験できてしまうという、シリーズ中もっとも異色作といえます。
システム的には、ターンごとに変わる潮流で移動できるマス目が大きく変わったり、戦闘は弓での射撃戦(命中するとコマのパラメ半減)&白兵戦のセットだったり、おなじみチート(ZOC無視)の義経がいたりと盛りだくさん。
でもでもそれより、平家側はコマ数劣勢なのですが、安徳天皇(6歳)コマがある!!この官軍感、公感は何ものにも変えられません。「波の下にも都がございまするぞ」などという事態にならないようにしたいものです。


パッケージ
FullSizeRender


裏面
FullSizeRender


ボード
FullSizeRender


コマ表
FullSizeRender


コマ裏
FullSizeRender


マニュアル表面
FullSizeRender


マニュアル裏面
FullSizeRender


プレイ記登録


コメントはEWE00まで
END


エポック ウォーゲーム エレクトロニクス
10 真珠湾攻撃

概要
1941年12/08の真珠湾攻撃がシミュレートされています。「Air Raid Pearl Harbor This Is No Drill !!!(真珠湾空襲、これは演習にあらず)」との言葉が残る奇襲戦です。5ターン以内にアメリカ艦船5隻潰滅かオイルタンク4箇所爆撃で日本軍の勝利、アメリカ軍は可能な限り被害を抑えます。


得点
日本軍ーーオイルタンク爆撃、敵コマ
アメリカ軍ーー敵コマ


面白ポイント 返り討ちなしの奇襲攻撃
EWEシリーズは、自分のターンでも相手のターンでも、LEDの目によって、敵のコマを潰滅させることが出来てしまいます。これにより30分程度でゲームが終わるのですが、運が悪いとカウンターを食らいまくる結果になるのです。
しかし日本軍奇襲攻撃(1、2ターンのみ。LED成否有り)では、この返り討ちが一切なくなり、攻撃側だけが一方的に攻めることが出来ます。奇襲期間内にどのくらいアメリカ艦隊を叩けるか?作戦の成功は神のみぞ知るなのです。
それにしてもエポックさん、よくこの戦いを商品化したもんですね(^^ ;)


パッケージ
FullSizeRender


裏面
FullSizeRender


ボード
FullSizeRender


コマ表
FullSizeRender


コマ裏
FullSizeRender


マニュアル表面
FullSizeRender


マニュアル裏面
FullSizeRender


プレイ記登録


コメントはEWE00まで
END


↑このページのトップヘ